自動車学校の知識サイト

アクセスカウンタ

zoom RSS 第2段階の項目

  作成日時 : 2008/09/18 14:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

第2段階では
どんな内容の教習をするのか?
見て行きましょう。
第2段階の項目


さぁ、いよいよ路上運転です。今までは、所内だったので、
外に出ることは、とても緊張するものです。
ですが、時間が経てば慣れていくものなので、
心配しなくても大丈夫ですよ。路上運転で注意することは、
所内では無かった、歩行者がいること。
路上運転での注意


交通の流れに合わせた通行をする必要もあります。
道路を走っているのは自分だけではないので、
最初は、交通の流れに合わせた運転が出来るように
なることです。
交通の流れに合わせた通行


適切な走行位置、進路変更も大事になります。路上は、
所内と違って、一般的に道路の幅が狭くなっています。
自動車学校は、初めて運転する人が集まっているので、
安全なように、道路が広くなっているんですね。
適切な走行位置、進路変更


信号、標識に従った運転が必要になります。
所内では、数個くらいの標識しかありませんよね。
止まれ、徐行、線路などくらいしか、自動車学校には
ありませんが、一般道路にはたくさんの標識があります。
信号、標識に従った運転


交差点で一番気をつけないといけないことは、
事故を起こさないこと。どの道路でも、安全運転は
当たり前ですが、交差点は、事故の要素がたくさん
含まれているので、一層注意しなくてはいけません。
交差点の通行、歩行者の保護


道路交通とは何でしょうか?考えてみましょうね。
所内では、道路の渋滞はありませんでしたよね。
ですが、一般道路では渋滞することだってあります。
そして、交差点もありますね。
道路交通に合わせた運転


簡単そうで、難しいですね。まず、駐停車ですが、
家の近くで自動車学校の車を見るという人は、
たまに停車しているのを、みたことがあるのでは
ないかと思います。
駐停車、縦列駐車


教習内容で、急ブレーキがあります。どんなものか
見てみましょう。急ブレーキと聞いて、
一体何をするのかな?と思うかもしれませんが、
そのまんまです。まず、一般道路で急ブレーキは
危ないので、所内で行います。
急ブレーキ


いつ、どこから、人が飛び出してくるか分からないですよね。
もしかしたら、猫が飛び出してくることだって
あるかもしれません。そんなことを予知して運転する
必要があります。ですが、本当に人が飛び出してきたら、
とっても危険なので、ほとんどの自動車学校では
シュミレーターを使用して行います。
危険を予知した運転


自動車学校では、高速道路の教習もあります
ですが、高速道路が遠くにあった場合などは、
しないケースも多いようです。私の行っている
自動車学校は、高速道路が近くにあるのですが、
シュミレーションだけで終わってしまいました。
高速道路での運転


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
第2段階の項目 自動車学校の知識サイト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる